店員の気まぐれコラム定食
 
←戻る 次へ→
■島原「ロミオ」公演  道中記その1 2005/02/09
チョット修学旅行気分での道中記です。
ちびっと長いので、まずは『その1』です。
 2月5日朝7:30に羽田に集合ということで、私は現地に一番近いので少し余裕を持って集合場所に到着しました。そこにはすでに音響の順平くんがポーっと椅子に座って待っている姿が見えました。挨拶をして少し話して待っていたら座長とおきょうさんが登場して、すでにりょうさんが集合時間の1時間30分以上も前に羽田にはいた事を聞かされ驚いていたところに、りょうさんが“バシっと”決めたかっこいい姿で登場!いっしょにヤニーズ(喫煙隊)していた太田さんも登場で、あとは木下さんとてるやさんは?と思ったところで二人揃って登場で全員揃って出発です!!!

私は久しぶりの飛行機で、しかも初の九州地方に行くという事でワクワクしてましたが、みんなで荷物を預けるところで私のリュックの肩の所が裂けていた部分があったので、荷物を預かるお姉さんに「この裂け目は搭乗以前からで宜しいですか?」と丁寧に聞かれ「宜しいです」と答えてワクワク気分が地味に半減していきました。

まあ、そんなこんなで飛行機に乗りこみました。
席は座長とてるやさんが隣同士で、私とおきょうさんと順平君は3人がけの席で、太田さんとりょうさんが隣同士のはずが、長崎行きが余り混雑していなかったので、太田さんとりょうさんはそれぞれ窓際を確保してました。木下さんはもともと窓際になっていたので、私達3人がけ席以外の方達は窓際率高かったです。
何故か、てるやさんがふわっふわの髪の毛を妙にセットされていたので、何でかな??と思っていたのですが、フライトアテンダントの方にアピールするためという事は、すぐさま判明しました。
おきょうさんはあまり飛行機が好きではなく揺れるたびに“ああ、やだもう”と言っていて、その横では順平くんが、耳抜き出来ない上におきょうさんのドキドキが伝わっていたのかシャッチコバって居る感じでしたが、その気を紛らわそうと座長が今度客演されるお芝居の原作『落ちる飛行機の中で』と縁起でもないようなタイトルですが、それを読んでいました。
私は飛行機にある聴診器のようなヘッドホンに息を吹き入れてゾクゾクして、遊んでいるうちに長崎に着きました。
 空港には九十九ホテルから運転手さんがお出迎えをしてくださっていたので、みんなでバスに乗り込みました。
速攻で助手席には、りょうさんが乗り込んでいて運転手さんと凄い勢いで、島原弁でお話してました。後ろの席から座長などが“ガイドさん!”と声をかけると、りょうさんが案内してくれました。私は乗り物に弱いので運転手さんの後ろに乗り込みましたが、本当にりょうさんと運転手さんが話し込んでいたので、運転手さんはかなりの勢いでわき見運転になっていてヒヤヒヤしました。でもヒヤヒヤしてる間に寝てしまったので、気付いたらもう九十九ホテルに到着でした。ホテルの従業員の方々に混じって、すでに到着していた音響の岩崎さんもお出迎えしてくれていました。
到着した時間がお昼ぐらいでしたので、早速食事です!
長崎といえば“ちゃんぽん”ですよね~いきなり美味しい“ちゃんぽん”に参りました。ホテルの近所にある美味しいお店からわざわざ出前をして頂いていたのです。何だかお腹がいっぱいになって、またもや眠気に襲われていましたが、これからが本番に向けてやる事が沢山です。ゆっくりしていられません!


まだまだ続きますが・・・今回はこの辺で。
タカハシカナコ
←戻る 次へ→

●●タイトル一覧表示●●

コラム最近の5件
20 焼津公演裏話後記
19 焼津公演プロモート!!
18 第76回輝け!女だらけの井手食堂 ~救命病棟24 Twenty four~公演後記
17 島原「ロミオ」公演  道中記その5
16 島原「ロミオ」公演  道中記その3