店員の気まぐれコラム定食
 
←戻る 次へ→
■島原「ロミオ」公演  道中記その4 2005/03/06
すでに遠い日の記憶になりつつありますが、本番当日の裏側を少し覗いてみてください。
 さあ本番当日朝です、朝と言ったら朝ごはんを食べなければいけません!
朝ごはんをたべる所におきょうさんと一緒に行ったら、すでに岩崎さん木下さん順平くんにりょうさんてるやさんとお揃いでした。
みんな美味しいと凄く言っていたのは、自分で作るお豆腐でした。それは紙鍋に豆乳が入っていて、沸騰させてから食べるもので、あまり沸騰させてから食べると美味しくないようでしたが、それでも何か楽しい感じがして良かったです。その後座長と太田さんが合流してみんな朝食を堪能しました。

それから本番まで少し時間があったので、私は近くのコンビニまで散歩がてら行ってみようと、上下赤のジャージ姿で、少しみんなのお遣いも兼ねてホテルから出ました。
外は思ったよりも肌寒い天気で、私の足取りも少し速めにして体を暖めながらテクテクと歩いていきました。ホテルの窓からも見えていたコンビニに行こうとしていたので、時間は掛からないと思っていたのですが、なかなかコンビニが見えてこないので非常に不安になり、“一本道のはずなのに!どうして!”と思っていたので、道行くおじさんおばさんに声をかけて確認したら、この先にもコンビニはあるし山の方に上がった所にもあると教えてくれました。
本番前に山登りして疲れてしまうのも微妙なので、そのまま道を真直ぐに行くとコンビニというかスーパーのような看板が見えてきました。何だか随分来たような気もするけど、ちょっと覗いてみるのも面白いかなと思って覗いてみたら本当にちょっと面白かったのですがお目当ての品物がなかったので、すぐに出て歩いていたおばさんに“コンビニはどこでしょうか?”と聞いたら“ここもコンビニですが?”何とそのスーパーの従業員さんに声をかけてしまっていたのでした。気まずい感じになりましたが、丁寧に道を教えてくれました。

要するに私は出発地点から間違えていたのが判明しました。一本道には変わりなかったのですが、進む道を一本間違えていたのでした。それで長々間違えてしまったのを自分の中で挽回しようと台詞を練習しながら、道を戻って行ったら、目的のコンビニに到着して、初めてのお遣いも終了だな♪って思ってホテルに戻ろうと鼻歌混じりでいたら携帯がなり、何事かと思ったら、座長が電話してきてくれていたのでした。あとで聞いたら中々私の姿が見えないので、みんな心配していたそうなのでした、いやいやすみませんでした。

そんなこんなで本番がもうすぐとなり、金太郎さんも合流です。金太郎さんは前日にお願いしていた小道具をさらにグレードアップしてくれると言う素敵なことをしていてくれて、小道具班の自分としては微妙にドキンちゃんになりました。会場には地元であるりょうさんのお姉さまの嫁がれた先である文旦堂さんから素敵な大きなりっぱなスタンドのお花が届いていて会場を更に華やかにしてくれていました。
 こまごまと確認している間に開場時間が近づき、衣裳やメイクをしなきゃと思っている間に、座長や地元であるりょうさんにはお客様がいらっしゃっていました。そのお客様の中にはりょうさんのお姉さまがいらして、あまり似ていないような気がしましたが、チョット仕草が似ていたような・・・それで、りょうさんはお昼の回には、お姉さま始めお母様がいらっしゃると言う事でチョットりょうさんは“何だかな〜”と阿藤快さんのような感じでしたが、お母様はりょうさんが舞台に出いている姿を見るのは初めてということで、チョット親孝行が出来たような感じだよとも仰ってました。

お客様が沢山来てくれて、本番は滞りなく進行したと言いたいですが、中々そうはいかないのが舞台の面白い所ですよね!
やはり御家族に見守られていたりょうさんがいつもと違った雰囲気で不思議なボケをするもんだと思ったら、本当に間違えてしまっていたそうでした。
と言うのも一番前に動かない真剣なおばあさんがいるなあ〜と私は思っていたら、何とその方がお母様だったのです。真剣に御覧になってくださっていたので動かずに見てくださっていたのでした。

そして『 がまだす (がんばろう) 』を合言葉に金太郎さんは地元の貫禄で会場をわかせてくれました。

とにもかくにも、お客様には喜んでいただけていたようで全員一安心でした。

そして本番後にみんなでお弁当を食べて一息ついたら、すぐに夜の回の準備です!

お昼のりょうさんとは違って、夜の回はもうそりゃ伸び伸びとされていましたね!
お客様も伸び伸びされた方もいらっしゃっていて、後半にトイレに立たれるお客様がいらっしゃり、廊下で私達役者陣とすれ違う事が何度かあったのですが、その中のどなたかに私は頭をなでられてしまうと言う事が合ったのです!!
凄いビックリすると声が出ないというのか会場では進行しているので邪魔しないために声が出ないのか判断つかないまま、そのまま出番になりました。
そういったハプニングは地味にありましたが、無事に公演は終えることが出来ました。
終演後にTシャツ販売をしていた時に、声を皆さんにかけていただき、楽しんで頂けた雰囲気に汗かきながら、良かったと思っていた時またまた誰かが頭をなでてきたので振り返ると私より少し大きい若い女の子2人組でした。
「この頭って地毛?」となでなでしながら聞いてきたので・・・
「はい」と素直に答えてしまいました。


そんなこんなで本番は終わっていくのですが、本番が終われば打ち上げです。
これから打ち上げとなるのでまだまだ続きますが・・・・今回はこの辺で。
タカハシカナコ
←戻る 次へ→

●●タイトル一覧表示●●

コラム最近の5件
20 焼津公演裏話後記
19 焼津公演プロモート!!
18 島原「ロミオ」公演  道中記その5
17 島原「ロミオ」公演  道中記その4
16 島原「ロミオ」公演  道中記その3