店員の気まぐれコラム定食
 
←戻る 次へ→
■vol4.「ロミオ」公演後記 2003/08/02
劇団井手食堂第4回公演「ロミオ」が終わって、早1ヶ月...以上も過ぎてる~。
うぉぉ~っ。遅過ぎる。皆様ごめんなさいm(__)m
公演中あまりにも楽しくて、現実に戻れず、公演後記が今頃になってしまいました。(←言い訳?です。ハイ...)
 今回も沢山のお客さまに来ていただきました。本当にありがとうございました。そして残念ながら見られなかった方々、申し訳ありませんでした。席数がかなり少ないので、公演前に完売してしまいます。次回は是非早めにご予約して頂けたらと思います。

今回はよりパワーアップした参加スタイルと磨きのかかった頭...ではなく笑いでお届けしました。今までの作品の中でNO.1という声も多数ありました。(←コレホント)
まっ、原作は世界のシェイクスピア。そして演出は世界のニセガワ先生だもんね。
稽古も先生違うわよー!!ニセガワ先生の灰皿の話、本当だったのよ。先生すぐ灰皿の所に飛んでっちゃうの~。
世界のニセガワが描くシェイクスピアの世界。ニセガワ「ロミオ」は、涙、涙の喜劇です。笑い過ぎて泣いちゃうのよ。

内容は...あーっっっ。でも来年静岡県は焼津市での公演が決まりそうだから、まだヒミツにしちゃおかな。終わったら教えちゃうね。

ちなみに今回は井手食堂本店渋谷のギャラリー・ルデコ5Fでの公演。
1年ぶりに本店で公演しました。ココは、来て下さった方なら分かると思うけど、ギャラリーです。しかも大きな柱もあります。客席も70席位しか作れません...。
でも私たちはココが大好きなのです。なぜなら、狭い。とっても狭い。とてつもなく狭い。それがいい。お客さまと一体となり参加型スタイルの芝居をやる我々にとっては、この近さが最高なのです。一体感があり、熱気があり、アットホームさがある。それがとても楽しい。ミュージシャンがメジャーになってもライブハウスでライブをやるのと似ていると思う。そして今回はこの空間に畳を入れ和室にした。
お客さまはざぶとんに座ってもらいました。まるで昔の浅草の芝居小屋。
実は、このスタイルでは、お客さまはつらいし不評なのではないか、と心配していた。私はかなり心配していた。しかし、幕が上がってみたら、このスタイルがなんと大好評。「一体感があった」「オフブロードウェイみたい」等々。
お客さまにも楽しんで頂けたようで、ホッとしました。

そして、今回の目玉は指人形笑吉、井手さん&加奈子そっくり指人形です。しかも笑吉人形作家の露木さん自ら人形を動かして下さったのです。
おおーっっ。露木さんとジョイント出来るなんて。
実は、露木さんとはまったく面識がありませんでした。
そもそも指人形笑吉を知ったのは、ルデコオーナー島中さん(井手食堂の良き理解者であり協力者)がデザインフェスタで笑吉人形を見て一目ボレ。その後、井手食堂が参加した4月のアートバザールにも笑吉人形が出展していたのです。2回も出会うなんてすごい偶然。
もう運命!ならば3回目は自らの手で作ろうということで直接連絡してみました。最初は露木さん訳分からなかっただろうなぁ~。
とにかくアポ取って、谷中の露木さんのアトリエに座長、島中さんと共に行きました。お会いしたらとても優しい方で、話がどんどん進みました。
実は露木さん大のお笑い好きと判明!公演期間中の金・土・日は1Fギャラリーでも笑吉人形を展示し、パフォーマンスもやるということになったのです。井手食堂公演と合わせて、素敵なイベントが開催されることになりました。公演後も何度かルデコで笑吉人形のイベントやってるみたいです。井手さん&加奈子人形も展示されますよ。そうそう8月15日(金)のTV東京「たけしの誰でもピカソ」アートバトルに出演します。井手さん人形も出演しますよ。ぜひ見て下さい。

あーーーっ、話がどんどんずれていく~。
とにかく最高に幸せな日々でした。私、本当に幸せだった。
お手伝いしてくれた皆さん、スタッフの皆さん、キャストの皆さん、本当におつかれ様でした。長いようで始まるとあっという間でしたね。
私、本当に幸せで、毎日フトンの中で寝る前に「幸せだ-っ!」てさけんでました。
次ももっともっといい作品を作って、お客さまに大いに笑ってもらいましょうね。

見に来て下さったお客さま、本当にありがとうございました。
また次回お会い出来ることを楽しみにしています。

おきょう
←戻る 次へ→

●●タイトル一覧表示●●

コラム最近の5件
20 焼津公演裏話後記
19 焼津公演プロモート!!
18 第76回輝け!女だらけの井手食堂 ~救命病棟24 Twenty four~公演後記
17 島原「ロミオ」公演  道中記その5
16 島原「ロミオ」公演  道中記その3